entrance > MK-M2 Seeker / RDWH&PCO > Diary


Diary

主に音楽と漫画、創作物に耽る日々。
一言コーナー:母校がアニメの聖地になりました。
<< そしてもしも会えるのなら それは僕が僕になる時 | main | 駆り立てて焦れ合えば 痛みもない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
どうか僕の刻んだ調べを 永遠と名づけて
【日本メガネ党】

メガネが体の一部となって早??年…、
この度、私は日本メガネ党に入党させて頂きました。

尚、党員ランクはCの模様。


このぐだぐだ感というかうさんくささ感というか、実におぎやはぎらしい。
業界初のWメガネという売り方が実を結びましたね。
メガネストアーではおぎやはぎ出演のCMも見られますが、
全体としてさわやかさを目指しているようでありながらマニアックな所を突いてます。
そして起用している遊び心満載のメガネストアーに乾杯。

そういえばメガネといえば何かとお笑いではネタにされていることも多い。
かな〜り昔の話になるが、関西の90年代若手お笑いブームを支えた「すんげーBEST10」という番組があった。
良くも悪くも身内臭の強い関西特有のお笑い番組らしく、
コンビ間を超えたユニットを結成してネタを披露する、という事もよくあった。
その中でも「メガネ部」だけは強烈に憶えている。
語尾にとにかく「メガネ」を付ける。
走る時は「1,2,3,メガネ!1,2,3,メガネ!」と、メガネの部分で少しメガネを上げる。
「バカ野郎メガネ!」
「はい、メガネ休憩ー!」


メガネ万歳!




ただ、某パンツ漫画のヒロインはメガネよりストレート派なワタクシです。
| お笑い | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shr.jugem.jp/trackback/385
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


Recommand Books
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE