entrance > MK-M2 Seeker / RDWH&PCO > Diary


Diary

主に音楽と漫画、創作物に耽る日々。
一言コーナー:母校がアニメの聖地になりました。
<< お気持ちひとつで 誰もが主役よ | main | It's your pain or my pain or somebody's pain? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
結果だけが全てと笑えればそれでいい
【要はツールの違い】

漫画のドラマ化、確かによく見る気がします。
今日最終回、「医龍」もそうですね。

私としては好きな漫画がドラマになることがまずないんですよねぇ(笑)。
できないのが多いのよ。中高生位のキャラとか完全にSFキャラとかが主役なので、
どう考えてもドラマにすると深夜でやるようなB級モノになるし、
じゃあSFでも豪華に超大作でやればいいのかというと違う。
だって明らかに横文字キャラだが、外国人に演らせても違和感があるし、
日本人が赤やら青やらの髪のカツラをつけて演じたって、単なるコスプレイヤーになってしまう(笑)。
この時点で私がここで持っていると明かした漫画の9割9分がNG(笑)で、
このあたりは多くは素直にアニメになっていますね。
この違和感を外すのは相当難題だと思います。

少なくともゴールデンでドラマ化できる漫画のジャンルはかなり限られてくる。
「医龍」の様に現実と同じ舞台で、現実と同じ人間で、現実の問題にスポットを当てたものしか選ばれない。いわゆる社会派という所?(あるいは恋愛モノか。)
さらに漫画というのは結構テレビと比べて規制が少ないだろうから、例えば割と過激な題材の社会派漫画などもちょっと難しくなる。

さて、結局何がいいたいかと言うと、何がいいたいんでしょ?(苦笑)
一つ面白いな、と思うのは約一名を除いてキャラだけやたら特化して良い某漫画読者だったせいか、
漫画ってとにかくキャラ命なんだなーと思うようになったのです。
で、漫画題材のドラマも結構キャラが際立ってるように見えるし、
逆にドラマでキャラが際立ってる作品って漫画になったりもしている。
Trickとか、医龍での阿部サダヲさんとか、
「そんな奴ぁいねえだろ」というオーバーなキャラがドラマを際立たせて面白くしている。
こういうのって舞台系出身のオーバーな役者さんを入れてることが多くて、
おかしなキャラでも違和感なく骨太の演技を見せてくれるので質も必然的に高くなる。
単に媒体が異なったらどうなるかという話なのですが、意外な副産物が漫画原作のドラマの風を助けているような気がします。

そんな風に思う次第。
それにしても医療系漫画のドラマ化多いよねぇ。
何の因果かマガジンで唯一立ち読みしてる「ゴッドハンド輝」もドラマ化するのかもねぇ。
逆に、私がかなり好きな「相棒」なんかは漫画化なんてのもアリだと思います。

そういや、去年の今頃、その某漫画の実写化なんてデマも見たなぁ。
そんなのできたって新人アイドルプロモーションのB級深夜ドラマ路線が関の山だと思いますが(苦笑)。
でもキャストを妄想とかは私もしてみたもんで。
順に、石原さとみ、上戸彩、若槻千夏(出るトコ出てないけど・苦笑)、星井七瀬なんかだと私はハマって見えます。
あと3人4人は…ちょっと思いつかないので考えておこう。
みーちゃん(誰もしない呼び方)は堀北真希なんかどうだろう?クールっぽくない?

[追記]
>・・・あ、他な方のトラックバックBOX記事で、「その通りだ!」となんとなく思った方がいたので、一緒にトラバ
こちらの方から賛同を頂きましたのでトラバお返ししました。恐縮ですたらーっ
ドラマに限らず原作ファンは原作の良さを引き出してもらうことにこだわりを持ちますよね。
アニメは自由な反面、ドラとかコナンとか、ゴールデン枠は詰まっているから論外として、なかなか原作ファンしか見ないんじゃないのか?という時間帯に限られてしまう。
ドラマは、扱えるジャンルが狭い反面、ゴールデンなので宣伝費もかけられるし、ターゲットも原作以外のご新規さんとして幅広く狙える(とゆーよりそうしなきゃいけない)。
一長一短ですね。
| 雑記・雑感・話題混濁 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shr.jugem.jp/trackback/232
トラックバック
マンガドラマ化・・・実写化?
トラックバックBOX再び。 『漫画のドラマ化について語って下さい!』とのこと。 反対か否かというより語っちゃえ、ということですかね? 実写化反対派のヒトはたいてい「イメージが崩れるのが嫌」というのが理由になるわけで、まぁ、それはそうだな、と。 や
| このめブログ! | 2006/06/30 3:47 AM |


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Recommand Books
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE