entrance > MK-M2 Seeker / RDWH&PCO > Diary


Diary

主に音楽と漫画、創作物に耽る日々。
一言コーナー:母校がアニメの聖地になりました。
<< コミックマーケット87・告知!新刊は…なんとか出ます…。 | main | コミックナタリー特集記事の「桃栗みかんクロニクル」について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
【レビュー】戦うパン屋と機械じかけの看板娘 / SOW
ちょっと遅目のレビュー。
今回もサクサク読めて感情移入も出来て面白い事は面白いです!

が、いかんせん正直なトコ…新鮮味は不足気味は否めないかなぁ…。

いや、一言で言えば、「いつも通りのSOW先生」なんですわ。
いつも通りの面白さはあります。だからSOW氏のファンなら決して買って損はない。
でも外観は西洋ファンタジー風で設定も違うんだけど、なんかどうも展開の大筋のフォーマットは退魔士の1巻と大きく変わらない様な…?

特にちょっと最近気になるのが、とみに1巻の敵が(盛り上げる為に当然だが)苦戦はするけどやたら「底の浅い小悪党」である事を強調しすぎな気がします。
その理由付けとかもちゃんとしっかりはしてはるんだけど、なんか目立ちすぎて「小手調べ巻」って読後感が否めない。
より穿った見方をすれば"2巻以降続くよ続けさせてくださいよ感"がどうもあるんです。
そういうのは上手く隠しながら、例えば先般の「ストレイド・プリンセス」での新キャラの予感とか、続刊をこちらに期待させる要素が今作は薄かった気がします。

あとは、パン屋の描写も丁寧だけど、パン屋である必然性もちょっと薄い…パン屋だったらまずい理由もないんですけど。

そういった点で今回は☆3つ。
| 小説 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shr.jugem.jp/trackback/1163
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


Recommand Books
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE