entrance > MK-M2 Seeker / RDWH&PCO > Diary


Diary

主に音楽と漫画、創作物に耽る日々。
一言コーナー:母校がアニメの聖地になりました。
<< 画ありきの作家と誰よりも知りながら、「作画家・河下水希」がこんなに魅力が無いとは | main | コミックマーケット87・告知!新刊は…なんとか出ます…。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。」レビュー
てな訳でレビューです。
ネタバレはしていないつもりですがほんわか終盤の描写にも触れてますんで、一応「続きを読む」からで!
Twitterで「こうなったらとことんダッシュエックス文庫の創刊に踊ってやんよ。」と、とらのあなの深夜販売にも行き、各店舗ごと特典も全制覇しってなモンで、久々の河下水希信者な一面を全開にして買ってきた同作ですが、読了。
野村美月先生はお初ですが、今度こそ「奇跡のコラボ」でございました!
 
細かい点で気になった所はあるので、まぁ先にちょっとそこは触れますが、トータルでは、これが野村美月先生自身の作風なのかもしれませんが、河下水希ファンにも凄くシフトされているといっても過言ではない、是非おすすめしたい作品だと思います。
で、気になった所というのは、大きく分けて3点です。
 
まず、サブキャラの佐伯冴音子がちょ〜っと「物語の回転役」感が強いですね。「便利屋」設定がちょ〜っと露骨かなぁというのがありますので、そこはなんか次巻以降あるなら掘り下げてみて欲しいですね。
それと、構成上仕方無いですが、最後の親友の遥平の人物像や狙いのネタバレがちょっと唐突かつ冗長な感じはありまして(尤も人当たりの良い親友なんてそのままか実はかなりイカれているかのどっちかなんですけどね)、できればもうちょっと彼の描写にも伏線的な意味でも中盤に力を入れて欲しかったかな?というのはあります。ヒロイン・古都と弘凪の遭遇の回数もこれ以上多かったら引っぱり感が強かったと思いますし、その分遥平の描写に割けただろう、ともうちょっとで思うトコロでした。
そして、弘凪と遥平の過去のトラウマとして回想でしか出てこない◯◯◯というキャラがいますが、これも重要な設定という事でしょうけど、終盤でもやたら名前が出てくる台詞がリフレインされるのが少ししつこかった気がします。そこは本巻の着地点を考えると、ちょっと邪魔だったかなー、と。
 
…挙げると意外に長くなりましたが(;´∀`)、トータルとしては、「面白い!これだよこれこれ!!こーゆーの…… 
河下先生が本来原作から漫画で描いて欲しいんですけどねーorz
って悔しくなるくらい。
 
野村先生は情景描写・人物描写がとても丁寧な方ですね。キャラクターの行動の背景とかそういった面が緻密に描かれていると思います。それだけに、河下水希ファンには、スラスラと挿絵以外の場面でも河下漫画で脳内に再現される感じで(勿論漠然となんだけど)、とても相性バッチリでした。野村先生のファンがどう思われるかは定かではありませんが、河下水希ファンほどより一層楽しめるというのが凄い。
作画面では、なんか去年辺りからのデジタル着色(違うかも?)に頂けないモノがあるっちゃありますが(特に髪のハイライト)、まぁ文庫版いちごよりは全然マシ。モノクロの挿絵は、桃栗みかん時代をも彷彿とさせる構図もあり。挿絵なのにコマ割りがあってほとんど背景の無いキャラだけのラノベは見習って欲しいですね(まぁ商業的にどっちがニーズあるかは別ですけども)。
前作での挿絵の仕事が“挿絵じゃなくてキャラデザ”でしかなかったので、ちゃんと“挿絵”をしていてホッとしました。そういう意味でもちゃんとプロの仕事をさせてくれたダッシュエックス文庫編集部GJです(Jブッ◯スがおかしいんだけどね)
 
上に挙げた様に、気になる点もなくはなかったですが、トータルでは十二分に惹き込まれるちゃんとしたラブコメ・恋愛モノのラノベです。結構綺麗に着地しているので、次巻があればどう動かすのかなぁ?という点でも気になる作品です。
河下水希ファンこそ買え!おすすめです。

 
 
| 漫画:河下水希 / 桃栗みかん | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 14:56 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shr.jugem.jp/trackback/1161
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Recommand Books
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE