entrance > MK-M2 Seeker / RDWH&PCO > Diary


Diary

主に音楽と漫画、創作物に耽る日々。
一言コーナー:母校がアニメの聖地になりました。
<< 2013年お疲れ様でした。 | main | コミックマーケット86・告知!新刊も出ます!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
After:29「on the way to YOU」
いちごアフター二次小説、絶賛停滞中の中更新しました。
http://mkmm.sakura.ne.jp/mizuki/writing/after29.html

今回ので、よーやく全ての話の半分がいけたかな?という感じではあります。
ぶっちゃけた話、ベッタベタな淳平のゲタ履かせ展開ではありますが^^;

少しだけ裏話を表に。
1年もかかってつかさと淳平しか書いてないせいか、大分二人の描き方ばかりに偏ってしまって、はて、この小説において綾はどういう台詞で動かしたらよかったっけ?みたいな感じになっていたりなんかして(;´Д`)
ただ、この小説の筋はあくまで綾と淳平(の夢)なので、そうするとつかさをどう描くかというのを考えた時、最初すごく悩んだのですが(どーやって絡ませたらよいか)、筋を添えるといったらおかしいけど、逆にそこで役割が明確になっている様な気がします。
最初でこそちょっとした裏があってどうしても彼女らしくない展開から始めたのですが、今回の話みたいに段々とつかさらしい芯の強さが出てきているんじゃないかな?って勝手に思っています。
またまた距離が離れるという展開になる以上、「顔で笑って心で泣いて」的展開にもっていけなくもなかったのですが、「いや、ここは涙は要らん!それが彼女らしいんだ!!」と。
あと、読んでいるととてもむずがゆいのですが、いい加減「西野」と呼び続けるのもどうかと思って^^;、無理くりというか、自分でも違和感を持ちつつ変えていくという展開にもしています。

「君の為じゃない」というのは、原作でも淳平は良くも悪くも…いや、かなり悪く(;´Д`)、正直な野郎なんですが、この辺りはそういう点が如実に現れている気がします。
一方のつかさの「嬉しかった」という言葉も、とてもらしいと個人的には思っています。この辺りはこの話においてずっとシミュレーションというか頭の中に想 像はしていた訳ですが、いざ文字にしてみるとスラスラ〜っといきまして、いやまぁよく出来た子(立ったキャラ)は、他人がいじっても動いてくれるモンだ なー…と。

今回のタイトルは「on the way to YOU / globe」から採りました。
この曲は「on the way to YOU」という名前でありながら、
歌詞中は「I'm on the way to myself」とあり、
何かこの作品とシンクロするものがありました。
お気に入りの一曲です。
| サイト報 | 03:18 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 03:18 | - | -
コメント
応援してます♪
| 歌枕 | 2014/04/29 8:42 AM |
>歌枕さん
ありがとうございます。
なるべく早く仕上げる様頑張ります(;´Д`)
| あずき@管理人 | 2014/04/30 3:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shr.jugem.jp/trackback/1155
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Recommand Books
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE